三重、がれき受け入れ検討 いなべ市のセメント工場で 

 三重県の鈴木英敬知事は21日、東日本大震災で発生したがれきについて、同県いなべ市での受け入れや処理の可能性について検討していることを明らかにした。同市に工場がある太平洋セメント(東京)から処理方法などの情報を収集しているという。

 太平洋セメントは大船渡工場(岩手県大船渡市)で昨年6月から、がれきの焼却処理を実施している。

 鈴木知事は「技術的な可能性の検証として情報収集をしているのは事実」とする一方、受け入れの可否については「市、町と足並みをそろえたい」と強調した。


  • LINEで送る