宇宙飛行士の星出さんが訓練公開 「家」に戻るのが楽しみ 

19日、米テキサス州のジョンソン宇宙センターで、コンピューターを使いロボットアームの操作訓練をする星出彰彦さん(共同)

 【ヒューストン共同】“家”に戻るのが楽しみ―。7月から国際宇宙ステーションで長期滞在を予定している宇宙飛行士の星出彰彦さん(43)が19日、米テキサス州ヒューストンの米航空宇宙局(NASA)ジョンソン宇宙センターで、ロボットアーム操作などの訓練を公開した。

 星出さんは2008年に米スペースシャトルに搭乗し、ステーションの日本実験棟「きぼう」の建設作業に当たったが、4~6カ月間にわたる長期滞在は今回が初めて。

 「きぼう」に戻ることについて「組み付けてきた家にまた入って、実験をするのは非常に楽しみだ」と語った。


  • LINEで送る