亀井氏、連立離脱に言及 消費増税で 

 国民新党の亀井静香代表は19日夜のCS放送「朝日ニュースター」番組で、野田政権が消費税増税関連法案を閣議決定した場合、連立政権から離脱する可能性に言及した。「連立政権合意がほごにされれば、連立に残る理由はない」と述べた。

 国民新党から入閣した自見庄三郎金融担当相の対応については「国民新党から出ている閣僚だ。自見氏は(閣議決定に署名)できない」との見解を示した。

 同時に「民主、自民両党は消費税増税を掲げて次期衆院選に臨み、国民に判断してもらえばいい」とした。


  • LINEで送る