首相「復興加速させる」 推進委員会が初会合 

復興推進委員会初会合の冒頭、東日本大震災の犠牲者に黙とうをささげる(左から)平野復興相、野田首相、岡田副総理、藤村官房長官=19日午後、首相官邸

 東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手、宮城、福島3県の知事や有識者が復興の進み具合を点検し、首相に改善を提言する「復興推進委員会」が19日、官邸で初会合を開いた。

 野田佳彦首相は、政府の復興施策に対して被災地で「スピードが遅い」「行き届いていない」との声があると指摘した上で「被災地の声を真摯に受け止め、改めるべき点は改めて、復興の取り組みを加速させたい」と決意表明。委員長に就任した五百旗頭真防衛大学校長は「どこが問題なのか、政府と国民に語る機能を果たしたい」と述べた。


  • LINEで送る