田中防衛相、破壊命令を検討 「衛星」上空通過の可能性 

参院予算委で答弁する田中防衛相=19日午前

 田中直紀防衛相は19日午前の参院予算委員会で、北朝鮮が長距離弾道ミサイル発射実験とみられる「衛星」打ち上げを予告したことに関し、日本上空を通過する可能性が強まった場合は、自衛隊に破壊措置命令を下すことを検討する考えを示した。玄葉光一郎外相は「沖縄県など南西諸島を通過する可能性は排除されない」と指摘した。

 藤村修官房長官は記者会見で「必要と判断される場合には所要の配備を行う」と強調した。

 防衛相は「自衛隊に破壊措置を命ずることを考えている」と述べた。

 打ち上げをめぐっては、北朝鮮が国際海事機関(IMO)などに軌道など関連情報を事前通報している。


  • LINEで送る