都心で撮影の最古の天体写真発見 百年前、日本初小惑星も 

1899年3月5日にとも(船尾)座方向を写した日本最古の天体写真。ガラス乾板のため画像が反転している(国立天文台提供)

 国立天文台は16日、1900年前後に東京都心で撮影された日本最古の天体写真400枚以上が見つかったと発表した。日本で初めてとらえられ「Tokio」や「Nipponia」と命名された小惑星も写っており、当時の都心の空は、天体観測ができるほど暗かったことがうかがえる。

 渡部潤一同天文台教授は「日本の天文学が、江戸時代の暦学から天体物理学へ脱皮しつつある時代の貴重な資料だ」と話している。

 写真は、天文台の倉庫に積まれた段ボール箱から発見。乳剤を塗ったガラスの乾板、約2万枚に星空などが写し出されていた。


  • LINEで送る