月経前、嫌悪感高まる 京大、イライラや憂鬱実証 

  • LINEで送る

タッチパネル式の画面で、9枚並んだ写真からヘビの写真1枚を選ぶ様子=京都市左京区

 女性は月経前に、嫌悪するものに対する感受性が高まることを京都大霊長類研究所(愛知県犬山市)のグループが突き止め、8日付の英科学誌電子版に発表した。

 イライラや憂鬱など月経前に心や体に現れる不快症状は「月経前症候群」として知られるが、その判断は本人への質問による主観的な気分の聞き取りにとどまっていた。

 チームの正高信男京大教授(認知神経科学)は「自分に有害なものを排除する傾向が強くなり、さらにこれが進むとイライラしたりすると考えられる。客観的な実証は初めて」としている。