3・11石巻工が甲子園で黙とう 選抜出場、震災発生時刻に 

 21日に開幕する第84回選抜高校野球大会の大会本部は7日、東日本大震災で被災し、21世紀枠として出場する石巻工高(宮城)が震災から1年となる11日に大阪入りし、甲子園球場を訪れて発生時刻の午後2時46分に黙とうすると発表した。

 石巻工高は深刻な津波被害を受け、野球部員の多くも自宅を流されたり、親族や友人を亡くすなどした。11日は甲子園球場でプロ野球のオープン戦が行われるため、同球場外周の野球塔前で黙とうするという。

 また昨年の選抜大会で甲子園球場の正面に掲示され、石巻市に預けられていた「がんばろう!日本」の横断幕を再び球場敷地内に掲示する。


  • LINEで送る