震災被災者、4割に睡眠障害 岩手・宮城、抑うつ症状も 

  • LINEで送る

 岩手県と宮城県の被災者で、睡眠障害の疑いがある人の割合は約4割と全国平均より高く、不安・抑うつ症状を訴える人も多いとの健康調査結果を6日、厚労省研究班がまとめた。

 大震災から間もなく1年となるが、被災者の健康に深刻な影響が出ている実態が判明。

 調査対象は、宮城県が石巻市の雄勝・牡鹿地域、仙台市若林区の仮設住宅、石巻市の網地島の3地区計約2200人。岩手県は陸前高田市、山田町、大槌町の1市2町で計約1万人。

 睡眠障害の疑いがある人の割合は、過去の全国調査の28・5%に対し、若林区46・8%、大槌40・0%、陸前高田38・0%だった。