首位ドルトムント、2位と7差に ACミラン、差を広げる 

  • LINEで送る

対マインツ戦で決勝ゴールを決め喜ぶドルトムントの香川真司(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】サッカーの欧州各リーグ(3、4日)で、ドイツは2連覇を狙う首位ドルトムントが香川真司の決勝点でマインツに2―1で勝ち、レーバークーゼンに0―2で敗れた2位バイエルン・ミュンヘンとの勝ち点差を7に広げた。イタリアはトップのACミランが勝ち、2位ユベントスが引き分けたため3差となった。

 イングランドは首位マンチェスター・シティーと2位マンチェスター・ユナイテッドがそろって勝ち、2差は変わらなかった。スペインもレアル・マドリードとバルセロナの2強がそれぞれ順当勝ちし、10差のままだった。