健康的生活習慣でがんリスク低下 国立がん研が発表 

  • LINEで送る

 たばこを吸わない、お酒を飲み過ぎない、塩漬けの食品を控える、よく歩くなどの健康的な生活習慣や適正な体重といった条件が一つ増えるごとに、がんのリスクが男性で平均14%、女性で平均9%ずつ下がっていくとの研究結果を、国立がん研究センターのチームが5日、発表した。

 チームは、1990年代後半に岩手や大阪など9府県に住んでいた45~74歳の男女約8万人を2006年まで追跡し、生活習慣や体格とがん発生の関係を調べた。

 また、60歳以上に限ってみても、これらの条件とがんの予防には関連が見られた。