過剰摂取で骨粗しょう症の恐れ 人気サプリのビタミンE 

  • LINEで送る

 老化防止のサプリメントとして人気のビタミンEは、過剰にとると骨を壊す細胞の能力を高めてしまい、骨粗しょう症を招く恐れがあることを、慶応大などのチームが動物実験で見つけ、4日付の米医学誌ネイチャーメディシン電子版に発表した。

 竹田秀・慶応大特任准教授は「ビタミンEには体の酸化を防ぐ作用がありアンチエイジングが期待できるが、過剰摂取に注意してほしい」と話している。

 骨の内部では、骨を作る細胞と、骨を壊して吸収する「破骨細胞」がバランスよく働き、骨を新陳代謝させている。