将棋の棋王戦、郷田が王手 5番勝負第3局、2勝 

  • LINEで送る

久保利明棋王(右)を破った郷田真隆九段=4日、静岡県焼津市内のホテル

 将棋の久保利明棋王(36)に郷田真隆九段(40)が挑戦している第37期棋王戦(共同通信社主催)5番勝負の第3局は4日、静岡県焼津市の焼津グランドホテルで指され、午後4時47分、61手で先手の郷田九段が勝ち、対戦成績を2勝1敗として初の棋王位獲得へあと1勝に迫った。

 後手番の久保棋王がゴキゲン中飛車に構えた後、未知の局面に突入。難解な将棋となったが、郷田九段が受けの好手を連発し、久保棋王を封じ込む快勝だった。

 残り時間は郷田九段1時間5分、久保棋王40分。

 第4局は17日、宇都宮市の宇都宮グランドホテルで行われる。