福島2号機温度計また異常値 第1原発、監視対象外に 

  • LINEで送る

 東京電力は3日、福島第1原発2号機の原子炉圧力容器底部で、温度計の一つの値が異常に上昇し、正しい値を示していない可能性があるとして監視対象から外したと発表した。

 東電によると、原子炉内の湿度が高く故障したのではないかといい、参考値として監視を続ける。

 2号機では、2月に圧力容器の別の温度計の値が上昇、燃料を冷却できなくなったのではないかと懸念されたが、東電は故障と判断。その後も故障などが相次いで判明し、現在使用できるのは15個。