堀端ら五輪代表入りに意欲 4日にびわ湖毎日マラソン 

  • LINEで送る

びわ湖毎日マラソンを前に、記者会見でポーズをとる堀端宏行(中央)ら国内招待選手=3日、大津市内のホテル

 ロンドン五輪の男子代表最終選考会を兼ねたびわ湖毎日マラソン(大津市皇子山陸上競技場発着)を翌日に控えた3日、招待選手が大津市内で記者会見し、昨夏の世界選手権で日本勢最高の7位となり、初の五輪出場を目指す堀端宏行(旭化成)は「練習の成果を十二分に発揮して日本人トップを狙いたい」と抱負を語った。

 中本健太郎(安川電機)は、東京マラソンで代表入りを確実にした藤原新(東京陸協)の拓大時代の後輩に当たるだけに「刺激を受けた。順位とともにタイムも狙いたい」と意気込んだ。