中京競馬場が新装オープン 最後の直線を延長、急坂も 

  • LINEで送る

リニューアルオープンした中京競馬場の新スタンドと集まった競馬ファン=3日、愛知県豊明市

 約2年間の大掛かりな改修工事終えた日本中央競馬会の中京競馬場(愛知県豊明市)が3日、リニューアルオープンした。

 屋根の上に太陽光パネルを設置した新スタンドのほか、最後の直線が約100メートル延び、平たんから急坂になるなどコース形態も変化。2000メートル芝の第5レースで中団から差し切り勝ちした51歳のベテラン、安藤勝己騎手は「直線が長くなって、坂もできたし、面白いレースが増えそうだ」とコメントした。

 久しぶりの中央競馬の開催に、2010年の同時期(3月6日)の約3倍に当たる2万8400人あまりのファンが同競馬場に集まった。