ジャンプ高梨、念願のW杯初V 女子蔵王大会 

  • LINEで送る

1回目で2位の高梨沙羅=蔵王

 ノルディックスキーのW杯ジャンプ女子蔵王大会第1日は3日、山形市蔵王で2試合(HS100メートル、K点90メートル)を行い、個人第10戦で今季4度目の2位になった高梨沙羅(北海道・上川中)が、第11戦で念願の初優勝を果たした。W杯女子は今季始まり、日本選手として初めて勝った。

 15歳の高梨は助走路の状態が悪いなどの理由で2回目が中止となった第11戦で最長不倒の102・5メートルを飛び、124・9点をマークした。

 第10戦を制して第11戦では95・5メートルの113・7点で2位のサラ・ヘンドリクソン(米国)が、2戦を残して初代総合優勝者。