NASAに一時ハッカー侵入 1年でサイバー攻撃47件 

  • LINEで送る

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)が昨年9月末までの1年間に47件のサイバー攻撃を受け、一時はハッカーが内部のコンピューターを制御できる状態になったり、職員のパスワードを盗まれたりする事態に陥っていたことが、2日までにNASA監察官が議会に提出した報告書で分かった。

 それによると、無人宇宙探査研究を担うカリフォルニア州のジェット推進研究所にハッカーが侵入したことが昨年11月判明。中国からアクセスしたとみられ、重要ファイルを消去、複製できる状態になった。別の事例では、150人以上のNASA職員からネットワークに接続するためのパスワードを盗んでいた。