野田首相、核サミット出席へ 北朝鮮情勢受け米韓首脳と会談 

  • LINEで送る

 野田佳彦首相は2日、ソウルで今月26、27両日に開催される第2回核安全保障サミットに出席する意向を固めた。北朝鮮がウラン濃縮活動停止に同意したことを受け、核問題をめぐる6カ国協議再開に向けた関係国の調整が活発化しており、韓国の李明博大統領、オバマ米大統領らとの個別会談で意思疎通を図る必要があると判断した。

 政府関係者が明らかにした。首相は東京電力福島第1原発事故の教訓も踏まえ、テロ攻撃などによる原発の電源喪失に備えた電源確保のバックアップシステム構築の重要性も訴える考えだ。