文化財18件の復元を支援 ナショナルトラスト 

  • LINEで送る

 財団法人「日本ナショナルトラスト」(東京都)は2日、東日本大震災で損壊した有形文化財や、存続が困難になった伝統芸能の計18件について、修復などを支援すると発表した。建物の補修や衣装の購入を助成するほか、文化財の修復に取り組む団体による再建のプランづくりや募金活動へのサポートも実施する。助成については、2012年度に計約2千万円を予定しており、今後10年間、対象事業を見直しながら実施する。

 対象は、文化財登録を目指しながら全壊した「尾形家住宅」(宮城県気仙沼市)など国・自治体の支援が及びにくい建物や、地域コミュニティーの維持に欠かせない伝統芸能が中心。