河村氏、また南京発言の撤回拒否 名古屋市議会質問に 

  • LINEで送る

名古屋市議会で、共産市議の質問に答弁する河村たかし市長=2日午後

 名古屋市の河村市長は2日の市議会本会議で、共産党市議から「南京大虐殺」を否定した発言の謝罪と撤回を求められたのに対し「30万人もの非武装の市民を旧日本軍が大虐殺したことはないと思っており、申し上げたことは撤回しない」と述べ、発言撤回の考えがないとあらためて強調した。

 代表質問した共産市議は、発言を撤回しないのは石原東京都知事が「河村君は正しい」と擁護したことが影響したのではないかと指摘したが、河村氏は「事実と異なる」と語気を強めて否定。「いろいろな意見があることは理解しており、率直な意見交換をしたいというのが私の真意だ」と従来の主張を繰り返した。