会長に宗岡氏、社長友野氏 新日鉄住金のトップ人事 

  • LINEで送る

記者会見で握手する新日鉄住金の会長に就任する宗岡正二氏(左)と社長に就任する友野宏氏=2日午後、東京・丸の内

 新日本製鉄と住友金属工業は2日、10月に合併して誕生する「新日鉄住金」の会長に新日鉄の宗岡正二社長(65)が、社長に住金の友野宏社長(66)がそれぞれ就任する人事を正式に発表した。

 宗岡氏は最高経営責任者(CEO)を、友野氏は最高執行責任者(COO)をそれぞれ兼務し、ともに代表権を持つ。財界活動など社外業務は2人で分担する。

 両氏は同日、東京都内の新日鉄本社で会見。宗岡氏は「新会社の会長、社長として一心同体になり、早期かつ円滑に新会社の経営基盤を確立する」と抱負を述べた。友野氏は「統合効果をどう最大限に発揮するかだ」と話した。