救急出動、過去最多570万件に 高齢者の急病増で 

  • LINEで送る

 2011年の全国の救急出動件数は前年比4・4%増の570万6792件に上り、2年連続で過去最多を更新したことが2日、総務省消防庁の速報値で分かった。搬送した人数も4・1%増の518万1396人で過去最多だった昨年を上回った。同庁は、高齢化によりけがや急病で救急搬送されるお年寄りが増えたことなどが原因とみている。

 自然災害が理由の出動は、東日本大震災や紀伊半島豪雨の影響で前年比7・6倍の2586件に急増。新潟県中越地震が起きた04年(2107件)を抜き、データの残っている1980年以降で最多となった。