EU、新財政協定に署名 赤字削減を義務付け  

  • LINEで送る

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)加盟国首脳は2日、ブリュッセルで2日目の会議を開き、単一通貨ユーロ導入国などに財政赤字の削減を義務付ける「新財政協定」に署名した。欧州債務危機の発火点ギリシャが事実上、財政破綻したことを教訓とし、秩序正しい財政運営を目指す同協定により、危機の再発防止を図る。

 国家の財政主権を一部制限する新協定の署名により、ユーロ圏は各国財政の統合に向け一歩前進。参加国はEU27カ国中25カ国で、非ユーロ圏の英国とチェコは署名を見送った。各国の批准手続きを経て、2013年1月の発効を目指す。