専大松戸、打力に手応え センバツ抽選会後初の紅白戦

 第93回選抜高校野球大会(3月19日から13日間・甲子園)に出場する専大松戸が28日、同校野球グラウンドで組み合わせ抽選会後初の紅白戦を行った。主力組の「6番・一塁」で出場した山口颯大がソロ本塁打1本を含む3安打2打点を挙げるなど好調をアピール。持丸修一監督は「みんなバッティングはだいぶ良くなってきた。対戦相手が決まって気迫が出てきたね」と目を細めた。

 紅白戦の投手は昨夏の県独自大会準優勝の原動 ・・・

【残り 274文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る