5月限定!登録無料キャンペーン実施中

第34回千葉県民マラソンあす号砲 大会史上最多の5164人がエントリー ちばアクアラインマラソンに招待も

 「第34回千葉県民マラソン大会(主催・千葉日報社、共催・富津市)はあす4日、富津市の富津市総合社会体育館前をスタートし、富津岬を回るコースで開催する。参加者は県内にとどまらず北は北海道、南は沖縄からエントリー。大会史上最多となる5164人の市民ランナーが早春の富津路を駆け抜ける。

 午前9時30分から1組のハーフマラソンを皮切りに5組の10キロ男女まで順次スタート。今大会には三井住友海上陸上部の5選手(佐藤絵理・水竹理愛・日高侑紀・遠藤未都季・林貴志)と北京パラリンピックなどで活躍した視覚障害者の選手らがハーフと10キロの部に出場し、ゲストランナーとして大会に華を添える。

 コースのハイライトとなる県立富津公園は、箱根駅伝に出場した大学や実業団の合宿地として知られ、フラットな岬コースは好記録が期待できる。

 大会当日は、午前8時45分から共催の佐久間清治富津市長らが出席して開会式。富津市立環小の吉田光汰君(6年)と池田悠人君(6年)が選手宣誓を行う。

 表彰式は、大会本部から成績が発表され次第、各組ごとに行い、1位から3位までにメダルと賞状、賞品が、4位から8位までに主催・協賛・協力各社からの賞品が授与される。また、今大会ハーフマラソンの部から4人を、今年10月に木更津市で開催される「ちばアクアラインマラソン大会」に招待する。出場者全員に参加賞(富津特産のり、大会オリジナルリストバンド)と記録証が贈られる。

 大会当日の模様は5日付、参加者の全成績は6、7日付本紙で掲載する。また「県民マラソン写真館」を20日からホームページ「ちばとぴ」内にアップする予定。(敬称略)


  • LINEで送る