【秋季関東高校野球】習志野4強進出逃す 3季連続甲子園出場は有力ならず

東海大相模に6―12で敗れ悔しがる習志野ナイン=高崎城南
東海大相模に6―12で敗れ悔しがる習志野ナイン=高崎城南

 秋季関東高校野球大会第3日は21日、群馬県の高崎城南球場などで準々決勝を行い、千葉県1位の習志野は東海大相模(神奈川1位)に6―12で敗れた。4強進出を逃し、3季連続甲子園出場を有力にできなかった。
 
 二回に4得点し一時逆転したが、五回に5連打を浴び6失点。逃げ切れなかった。終盤も失点し、七回に桜井が2ランを放つも及ばなかった。
 
 大会成績は来春の全国選抜大会(甲子園)の出場校を選ぶための重要な資料となる。


  • LINEで送る