木総合8強ならず 下関国際(山口)に1-4 第100回全国高校野球選手権大会

  • LINEで送る

下関国際に敗れ8強進出を逃し涙する木更津総合ナイン=17日午後、兵庫県西宮市の甲子園球場
下関国際に敗れ8強進出を逃し涙する木更津総合ナイン=17日午後、兵庫県西宮市の甲子園球場

 第100回全国高校野球選手権大会第13日は17日、兵庫県西宮市の甲子園球場で3回戦4試合が行われ、東千葉代表の木更津総合は1-4で下関国際(山口)に敗れ、2年ぶりの8強入りを逃した。

 木更津総合は2年生で背番号11の根本太一が今大会初先発。二回に2失策が絡んで2点を先制されたが、その後は立ち直って三~七回は被安打1、7奪三振で無失点と好投を見せた。だが、投手が代わった八、九回に1点ずつ追加点を許して突き放された。

 打線は下関国際を上回る9安打を放ったが、相手エースの前に要所で一本が出ず、三回の東智弥の本塁打による1点止まり。1-3の八回に神山竜之介の安打などで2死満塁と逆転の好機をつくったが、相手の好守に阻まれて無得点。九回には1死から代打の冨島琉汰が安打を放つも、後続が併殺打に倒れて試合終了となった。