木更津総合16強 興南(沖縄)を7-0圧倒 第100回全国高校野球 第11日

  • LINEで送る

興南を破って3回戦に進出し喜ぶ木更津総合ナイン=15日午後、兵庫県西宮市の甲子園球場
興南を破って3回戦に進出し喜ぶ木更津総合ナイン=15日午後、兵庫県西宮市の甲子園球場

 第100回全国高校野球選手権大会第11日は15日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦4試合が行われ、東千葉代表の木更津総合が7-0で興南(沖縄)を下し、16強入り。

 木更津総合は1回戦に続きエースの野尻幸輝が先発。八回途中を被安打7、無失点の好投を見せた。直球とスライダーを駆使し相手打線に的を絞らせなかった。2番手の根本太一も好救援で無失点リレー。守っては一回に右翼手の太田翔梧、五回には中堅の東智弥が好返球で走者の生還を阻止した。

 打線は毎回の12安打。二回、2死一塁で8番大曽根哲平が先制の適時二塁打で均衡を破る。五回には1死から1番東が左翼席へのソロで追加点。九回2死二、三塁から6番神山竜之介の2点適時二塁打で勝利を決定づけた。

 3回戦に進出した木更津総合は17日の第3試合(午後1時開始予定)で下関国際(山口)と対戦する。