中央学院 学館浦安で決勝 第100回全国高校野球 西千葉大会 第13日

  • LINEで送る

習志野―中央学院 10回裏中央学院無死、青木が左翼席にサヨナラ本塁打を放つ=24日、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアム
習志野―中央学院 10回裏中央学院無死、青木が左翼席にサヨナラ本塁打を放つ=24日、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアム
東京学館浦安―市船橋 9回裏東京学館浦安2死満塁、増田龍が左中間にサヨナラ打を放つ=24日、ZOZOマリンスタジアム
東京学館浦安―市船橋 9回裏東京学館浦安2死満塁、増田龍が左中間にサヨナラ打を放つ=24日、ZOZOマリンスタジアム

 第100回全国高校野球選手権記念東千葉・西千葉大会第13日は24日、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで西千葉の準決勝2試合を行い、中央学院と東京学館浦安が、ともに劇的なサヨナラ勝ちで決勝に進出した。決勝は26日、同球場で午前10時から行われる。決勝進出は中央学院が16年ぶり、東京学館浦安は7年ぶりでともに2度目。両校とも勝てば、夏の甲子園は初出場。

 中央学院は延長十回、青木の本塁打でAシード習志野を破った。4点を追う七回、池田の本塁打で反撃の口火を切り、連打と四球で無死満塁から2本の犠飛で1点差に迫ると、平野が中越えに同点三塁打を放った。十回の青木は左翼スタンドに鮮やかな一発を放り込んだ。

 東京学館浦安は1点を追う九回、1死から四球で出塁した増田侑が、相手守備の乱れでホームを踏み同点。その後2死満塁とし、増田龍が左中間に決勝打を放った。

 第14日は25日、同球場で東千葉の決勝、木更津総合-成田が行われる。木更津総合は3年連続7度目、成田は8年ぶり8度目の甲子園出場を目指す。

 ▽準決勝(ZOZOマリン)

習志野
0011021000―5
0000104001x―6
中央学院
(延長十回)
(習)佐藤、古谷―川島
(中)大谷、西村―池田
▽本塁打 池田、青木(以上中)
▽三塁打 平野(中)
▽二塁打 佐藤、根本(以上習)
 【評】中央学院が劇的な逆転勝ち。4点を追う七回に3安打だった打線が奮起。池田のソロから長沼と宇田が犠飛、平野の三塁打で同点とし、十回に先頭の青木が左翼へサヨナラ本塁打を放った。習志野は八回、岡の左前打で二走の石川が本塁を狙ったが、好返球に阻まれ憤死。

市船橋
000021000―3
010010002x―4
東京学館浦安
(市)西村、湯浅、須藤―飯田
(東)池田、常世田―遠藤
▽三塁打 中重(市)
▽二塁打 平内(市)
 【評】東京学館浦安が逆転サヨナラ勝ち。九回に高橋のエンドランが失策を誘い同点。2人が敬遠され満塁となり、増田龍が左中間へ運び試合を決めた。無失策の堅守も流れを呼び込んだ。市船橋は渡辺と長尾の連打で勝ち越し、継投と好守で粘ったが、最後に崩れた。