木更津、君津に競り勝つ 松戸国際、延長10回猛攻 第100回全国高校野球 千葉大会 第4日

  • LINEで送る

 第100回全国高校野球選手権記念東千葉・西千葉大会第4日は14日、ZOZOマリンスタジアムなど8会場で、東千葉19、西千葉3の2回戦計22試合が行われた。この日からシード校が登場。Cシードの千葉学芸が初戦で姿を消した。

 東千葉のCシード安房は関根、鈴木の継投で敬愛学園との投手戦を1-0で制した。千葉明徳は山越、宮崎のリレーで千葉学芸を零封。Aシードの木更津総合は成東の反撃に苦しんだが、地力を発揮してコールド勝ち。千葉黎明も成田国際と接戦になったが、八回に5点を奪って決着をつけた。

 東京学館の大野は今大会初のサイクル安打を記録。一回に三塁打を放ち、九回に本塁打。試合終了後に七回の単打が二塁打に訂正され、記録達成となった。

 木更津は菅沼の好投で君津に競り勝った。志学館は七回に勝ち越し、京葉工を退けた。

 西千葉は松戸国際が延長十回に大量点を挙げて、東京学館船橋を破った。

 第5日は15日、同球場など8会場で西千葉の2回戦22試合が行われる。

 ▽東2回戦(ZOZOマリン)

木更津総合
0430311-12
1004000-5
成東
(七回規定によりコールド)
(木)白井、田中惟、根本、篠木―山中
(成)片岡、渡辺、高の、亀田、森―嶋田
▽三塁打 神子、大曽根(以上木)太田(成)
▽二塁打 野尻(木)中村(成)
 【評】Aシード木更津総合が貫禄。二回、大曽根の三塁打で同点後、山中、野尻の中軸の連打で逆転。初回に先制した成東は四回、代打太田の3点三塁打で追い上げた。

成田国際
00100000-1
20001005x-8
千葉黎明
(八回規定によりコールド)
(成)清水、平松―鈴木駿
(千)岡沢、渡部―晴山
▽三塁打 柳沢、千葉(以上千)
▽二塁打 寺岡(成)岡沢(千)
 【評】千葉黎明は初回、先頭柳沢の三塁打から2番鈴木の中前打で先制。八回には一挙5点を挙げ、コールドで成田国際を下した。成田国際は代わった平松が打ち込まれた。

拓大紅陵
002020001-5
000000000-0
市銚子
(拓)安藤―広岡
(市)外記、飯島、宮内―糸川
▽二塁打 水島(拓)
 【評】拓大紅陵安藤が7奪三振完封。安藤は三回、先頭で安打を放ち、鈴木の内野ゴロの間に生還し先制。市銚子は三塁まで走者を進めるも続かなかった。

 ▽東2回戦(県総合SC)

姉崎
02000-2
110001x-12
幕張総合
(五回規定によりコールド)
(姉)原田、沢田―沢田、坪井
(幕)大須賀―小箕
▽三塁打 広井(姉)村田、山本、関口(以上幕)
▽二塁打 栗谷、山本(以上幕)
 【評】幕張総合が初回に大量11点。打者14人9安打の猛攻で試合を決めた。4番栗谷はこの回だけで2安打4打点。姉崎は二回に2点を返すのがやっとだった。

敬愛学園
000000000-1
000000001x-1
安房
(敬)篠崎―市村
(京)関根、鈴木―小笠原
▽二塁打 森(敬)
 【評】投手戦は継投策の安房に軍配。安房は関根、鈴木が九回まで無失点に抑えその裏、四球などで満塁とし、小笠原への死球で押し出し。敬愛学園篠崎は九回力尽きた。

市原八幡
00000-0
6423×-15
千葉経大付
(五回規定によりコールド)
(市)吉田、岩尾―仁平
(千)玉名、倉持―平野、高橋玲
▽三塁打 高部2(千)
▽二塁打 高橋玲、高部(以上千)
 【評】Cシード千葉経大付が市原八幡を圧倒。初回から高部、高橋玲の長打などで一挙6点。市原八幡は初回に岩尾、吉田の安打で一・三塁の好機を作ったが後続を断たれた。

 ▽東2回戦(第一カッター)

志学館
100100102-5
000200001-3
京葉工
(志)大川、加藤―山本
(京)松本、鈴木―松永
▽三塁打 森(志)
▽二塁打 神山、森、永井(以上志)植田、尾原、香坂2(以上京)
 【評】志学館は同点の七回、永井の二塁打から小島が中前に適時打を放ち勝ち越し。九回には森の適時打などで2点を奪った。京葉工は九回、連打で反撃も届かなかった。

君津青葉
00020-2
7584×-24
匝瑳
(五回規定によりコールド)
(君)今井、小島―小島、今井
(匝)小倉、中川―小川、響谷
▽二塁打 岩花(君)椎名堅、若梅(以上匝)
 【評】匝瑳打線が爆発、24点で大勝した。初回から打者一巡の猛攻で、山崎陽、椎名堅、小倉の3人だけで計10打点を挙げた。君津青葉は四回、代打岩花が適時打を放った。

 ▽東2回戦(市川国府台)

千葉西
0000000-0
003310×-7
暁星国際
(七回規定によりコールド)
(千)佐藤、西村、永井、波多野―大倉
(暁)宿谷、小田原―高橋
▽本塁打 風沢(暁)
▽二塁打 風沢、小菅(以上暁)
 【評】7安打で7点と暁星国際が効率の良い攻撃を見せた。三回は風沢、清原の連打、小菅の犠飛で3点。風沢は四回にも2点本塁打を放った。千葉西は3安打だった。

磯辺
003020-5
235122x-15
東海大市原望洋
(六回規定によりコールド)
(磯)林、萩原―島根
(東)菅野、八木原、須崎―浅倉、竹内
▽本塁打 辻本、安部(以上磯)吉沢、西田(以上東)
▽三塁打 西田、吉沢(以上東)
▽二塁打 西田、菅野、浅倉、瀬川、魚地(以上東)
 【評】東海大市原望洋が打ち勝った。二回、吉沢が右越えに3点本塁打を放つと、四回には須崎がランニング本塁打。磯辺も三回に辻本、五回に安部が本塁打を放った。

京葉
010000300-4
50002000-7
生浜
(京)前田―荒原
(生)福原―冨樫
▽三塁打 杉浦(生)
▽二塁打 荒原、西原、井上、高橋大(以上京)杉浦、福原(以上生)
 【評】生浜が初回のリードを守り切った。この回、杉浦の二塁打、松山の右前打などで一挙5点。先発福原は9奪三振完投。京葉は七回、2死から3点を返し追い上げた。

 ▽東2回戦(ナスパ)

成田北
10110-3
30325x-13
千葉商
(五回規定によりコールド)
(成)今井、佐藤―若林
(千)相、積田―辻
▽三塁打 武田(成)持田2、辻、芳賀(以上千)
▽二塁打 金子(成)持田(千)
 【評】12安打の猛攻で千葉商が快勝。1点を追う初回、先頭持田の三塁打、2番古沢の中前打で同点、3番辻の三塁打で逆転。成田北は若林の適時打で先制するも打ち負けた。

東京学館
200100101―5
000001000―1
千葉工
(東)中江―釣谷
(千)井手―小倉
▽本塁打 大野(東)
▽三塁打 大野、中江(以上東)椎名(千)
 【評】東京学館の中江が12三振を奪い1失点完投。大野は一回に三塁打で先取点の口火を切り、九回にはだめ押しの本塁打を放った。千葉工は六回、駒形の適時打で一矢。

東金
2000222-8
0000001-1
県銚子
(七回規定によりコールド)
(東)工藤、雨宮―高吉
(県)石毛晟、田沼―風口
▽本塁打 勝又(東)
▽二塁打 熊谷(東)
 【評】勝又が初回、1死三塁から右越えに2点本塁打を放ち先制。五回以降も小刻みに加点し、東金が快勝した。県銚子は四回の好機を併殺でつぶされた。

 ▽東2回戦(長生の森)

千葉学芸
000000000-0
00200001×-3
千葉明徳
(学)斎藤、滝田―君塚
(明)山越、宮崎―福井
▽二塁打 広田(学)
 【評】千葉明徳山越、宮崎が完封リレー。三回に清水の犠飛で先制し、暴投で松川が生還して追加点。千葉学芸は二回、中上の一打で滝本が本塁を突くも憤死。

成田西陵
000000―0
201412x―10
一宮商
(六回規定によりコールド)
(成)下村広幸、沢井―下村広晃
(一)野口―中村
▽二塁打 島田(一)
 【評】一宮商が堅実に加点し、コールド勝ち。一回に2度の2盗を生かして2点先取するなど、8盗塁を決めた。野口は2安打無失点。成田西陵は打線が振るわず。

九十九里
00000000-0
12101101x-7
翔凜
(八回規定によりコールド)
(九)大野、奥村―奥村、川口
(翔)白石―佐久間
▽三塁打 小島(翔)
▽二塁打 泉谷、佐久間(以上翔)
 【評】小刻みに加点し翔凜がコールド勝ち。初回に泉谷の適時二塁打で先制し、二回には佐々木、三回は佐久間が適時打を放った。九十九里は白石を崩せずわずか1安打。

 ▽東2回戦(ゼットエー)

君津
000001000-1
01101000×-3
木更津
(君)茂木、今山、友井―竹内
(木)菅沼―荒木
▽二塁打 遠藤(君)菅沼、野村(以上木)
 【評】菅沼が1失点完投、木更津が君津を下した。木更津は二回に稲村の適時打で先制後、白井の単打と犠飛で2点を追加した。君津は7安打を放つも後が続かなかった。

鶴舞桜が丘
00000-0
61440×-24
稲毛
(五回規定によりコールド)
(鶴)小暮、片岡、小林―甲斐
(稲)熊谷、塩川―仙田
 【評】稲毛が長打なしの15安打で大量24得点。初回から6者連続得点で、二回には打者20人で14点を挙げた。鶴舞桜が丘は3投手で16四死球と自滅した。

 ▽西2回戦(柏の葉)

流山北
000000-0
111043x-10
我孫子
(六回規定によりコールド)
(流)手塚、石山、山本―渡辺
(我)小野寺、綾部―渡辺
▽本塁打 日野原(我)
▽三塁打 宮川(我)
▽二塁打 前沢(流)田中、林(以上我)
 【評】投打がかみ合い、我孫子がコールド勝ちした。先発小野寺は5回を無失点の好投。4番日野原は本塁打を含む3安打を放った。流山北は7安打を放つも散発だった。

船橋啓明
1141010-8
0000000-0
浦安南
(七回規定によりコールド)
(船)山本、西川―倉持
(浦)本田、加藤拓、佐々木―加藤拓、加藤晃
▽二塁打 高杉2、光井、中村(以上船)
 【評】船橋啓明は初回、二塁打の高杉を4番光井が右前打で返し先制。三回にも高杉の適時打から4点を奪い試合を決めた。浦安南は二塁が踏めなかった。

松戸国際
0102001007-11
0011100100-4
学館船橋
(延長十回)
(松)長部那、君島―浅海
(学)阿部、松永、佐藤―小林
▽本塁打 浅海(松)
▽三塁打 阿部(学)
▽二塁打 山崎雄、佐藤、舟破、若林(以上松)本間、川田(学)
 【評】松戸国際は延長十回、佐藤が二塁打で口火を切ると、山口が遊撃手越えに勝ち越し打。若林の3点二塁打などで一挙7得点。救援した学館船橋佐藤は猛攻を断ち切れず。