【速報】中央学院、明徳に逆転サヨナラ負け 選抜高校野球

  • LINEで送る

明徳義塾―中央学院 8回表中央学院2死満塁、西村が中前に勝ち越しの2点打を放つ。捕手安田=甲子園(共同)
明徳義塾―中央学院 8回表中央学院2死満塁、西村が中前に勝ち越しの2点打を放つ。捕手安田=甲子園(共同)
明徳義塾―中央学院 9回裏、明徳義塾・谷合(左)に逆転サヨナラ3ランを浴びた中央学院先発の大谷=甲子園(共同)
明徳義塾―中央学院 9回裏、明徳義塾・谷合(左)に逆転サヨナラ3ランを浴びた中央学院先発の大谷=甲子園(共同)

 選抜高校野球大会第3日は25日、甲子園球場で2回戦が行われ、春夏通じて初出場の中央学院(千葉)は、昨秋の明治神宮大会覇者の明徳義塾(高知)と対戦し、5―7で逆転サヨナラ負けした。

 明徳義塾は4―5の九回2死から4番谷合が3点本塁打を放って勝負を決めた。馬淵監督は甲子園通算50勝目。中央学院は八回に相手エースの市川の制球難に乗じて逆転したが、最後に大谷が一発を浴びた。