【速報】中央学院、第3日に明徳義塾と対戦 選抜高校野球大会・組み合わせ抽選会

  • LINEで送る

初戦でぶつかる明徳義塾(高知)の主将と握手する中央学院の池田翔主将(左)=16日午前、大阪市
初戦でぶつかる明徳義塾(高知)の主将と握手する中央学院の池田翔主将(左)=16日午前、大阪市

 第90回選抜高校野球大会(23日から13日間・甲子園)の組み合わせ抽選会が16日、大阪市北区で行われ、初夏通じ初の甲子園出場となる中央学院は、明徳義塾(高知)と対戦することが決まった。大会第3日の25日、午前9時開始の第1試合に登場する。

 両校は昨秋の明治神宮大会でも対戦しており、中央学院は3―5で敗れている。相手主将と握手した池田翔主将は「また対戦したい気持ちがあった。しっかりリベンジしたい」と誓った。

 相馬幸樹監督は「うちが甲子園第1勝を挙げるには最もふさわしい名門が相手。良い準備をしていきたい」。3年連続出場となる明徳義塾の馬淵史郎監督は「互いに良い所も悪いところも分かっている。打者の大谷(拓海)を警戒したい」とそれぞれ話した。