【速報】来夏100回も「東西」で実施 高校野球千葉大会

  • LINEで送る

 千葉県高野連は14日、来夏の第100回全国選手権千葉大会について、東西に分けて「東千葉大会」と「西千葉大会」で実施すると発表した。

 1998年の80回、2008年の90回に続き東西開催となるが、前回は西に入っていた第1地区(千葉市)が東に、東だった第5地区(我孫子市、八千代市、佐倉市、四街道市など)が西に移る。

 第1、6~8地区の「東千葉」には夏2連覇中の木更津総合や、拓大紅陵、東海大市原望洋、成田、銚子商、千葉経大付など88校が入った。

 「西千葉」は東葛飾、京葉地域など第2~5地区で構成される。来春の全国選抜大会出場が濃厚な中央学院や、習志野、市船橋、専大松戸、八千代松陰など84校となる。各代表校が甲子園大会に出場する。