木更津総合が連覇 習志野下す <高校野球千葉大会>

  • LINEで送る

高校野球千葉大会決勝。2年連続の夏の甲子園出場を決め、喜びを爆発させる木更津総合ナイン=25日、ZOZOマリン
高校野球千葉大会決勝。2年連続の夏の甲子園出場を決め、喜びを爆発させる木更津総合ナイン=25日、ZOZOマリン

 第99回全国高校野球選手権千葉大会は25日、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで決勝を行い、木更津総合が4対3で習志野を破り、2年連続の夏の甲子園出場を決めた。

 試合は初回、木更津総合が芦名のタイムリーで先制。習志野は常に先手を許す苦しい展開の中、都度追いつく粘り強い攻撃を続けたが、六回表に守備の乱れから勝ち越しを許すと、終盤は相手エース山下の前にあと一本が出ず力尽きた。

木総合 100 201 000=4
習志野 010 200 000=3

 五島卓道監督 連覇は考えていなかったが、山下が大エースになった。

 峯村貴希主将 一人ひとりが優勝を目標にしてきた。良い仲間たち。試合を積み重ねるにつれチームワークが良くなった。(甲子園の目標は)優勝です。