木更津総合、3年ぶりV 市立船橋“総力戦”及ばず 第98回全国高校野球選手権千葉大会 最終日

  • LINEで送る

 大沢が先制打、決勝打。木更津総合が3年ぶり5度目甲子園。第98回全国高校野球選手権千葉大会最終日は26日、千葉市美浜区のQVCマリンフィールドで決勝が行われ、木更津総合が市船橋を3-2で破り、甲子園出場を決めた。

 木更津総合は大沢が全打点をたたき出した。二回、2四死球でつくった2死二、三塁の好機で、左翼線に先制2点二塁打。同点で迎えた九回には、細田の安打から2死二塁の場面で ・・・

【残り 1097文字】