気迫の投球、及ばず涙 望洋・島 第98回全国高校野球選手権千葉大会 第11日

  • LINEで送る

 東海大市原望洋の相川敦志監督が「事実上の決勝戦」と強い覚悟を持って臨んだ一戦。大会打率4割1分5厘を誇る打線は、木更津総合・早川隆久の前に沈黙した。針の穴を通すような制球と鋭く曲がる変化球に、 ・・・

【残り 356文字、写真 1 枚】