全国49代表校決定 初出場は専松など7校 全国高校野球選手権

  • LINEで送る

 第97回全国高校野球選手権大会の地方大会は31日、大阪で決勝が行われ、大阪偕星学園が大体大浪商を4-3で破り、春夏通じて初の甲子園出場を決めた。創設100年を迎え、8月6日に甲子園球場で開幕する大会の49代表校が出そろった。

 1915年の第1回大会出場校では、初代王者に輝いた京都二中の流れをくむ鳥羽(京都)と早実(西東京)が節目の年の代表となった。今春の選抜大会を制した敦賀気比(福井)は史上8校目の春夏連覇を目指す。

 連続出場は、戦後最長となる9年連続の聖光学院(福島)や6年連続の明徳義塾(高知)など10校で、春夏連続出場は7校にとどまった。北海(南北海道)は全国最多の36度目の出場となった。

 初出場の7校のうち、専大松戸(千葉)と津商(三重)は大阪偕星学園とともに春を含めて初めて。春夏通じて最多11度の優勝を誇る中京大中京(愛知)など14校が優勝経験を持つ。

 組み合わせ抽選会は8月3日に行われる。