重圧か、試合通しミス連発 習志野 第97回全国高校野球千葉大会 決勝

  • LINEで送る

7回表習志野1死二、三塁、三走内山が三本間で挟まれタッチアウト。三塁手岡本
7回表習志野1死二、三塁、三走内山が三本間で挟まれタッチアウト。三塁手岡本

 3点リードの七回に7失点。隙がなく試合巧者と呼ばれる習志野らしくないプレーが、4年ぶりの甲子園を遠ざけた。

 裏に逆転を許したが、表の攻撃が伏線となった。1死から3連打で追加点を奪い、なお二、三塁。八木佑馬の4球目だった。バットが空を切ると、相手捕手は迷いなく三塁に送球した。三走が挟殺死となり、さらに三塁を狙った二走もタッチアウト。まさかの併殺で好機が一気にしぼんだ。

 直後の守り。緩急を付けた投球で好投していた2番手のエース深田慶太郎がつかまった。「チャンスがつぶれて、次の先頭打者が大事だったが…」。悔いたように先頭打者に左前打を許すと、次はストレートの四球。あっという間にのみ込まれ、代わる代わる登板した投手も四死球を与えて流れを止められなかった。記録には表れない守備の判断ミスもあった。

 「自分たちで墓穴を掘り、相手に流れを渡してしまった」。小林徹監督は七回の併殺を勝敗の分岐点に挙げた。ただ、すぐにこうも続けた。相手は春王者で、優勝候補の筆頭。「それ以上に専大松戸の迫力が最後までプレッシャーになっていた」

 これまでの全試合同様、一回に得点した。だが、その後は犠打失敗が2度。バントを試みた打者が打席から足を出したとして反則アウトになることもあった。序盤からミスが続出し、ちぐはぐさが目立っていた。

 Cシードからの勝ち上がり。突出した個の力はなくても組織で戦う伝統は健在だった。「この夏の大会でさらにチームは一つになった」と深田。だが、最後に…。「甲子園は甘くないと思った」と無念さを押し殺した。