カーブ武器テンポ良く 習志野・深田 第97回全国高校野球千葉大会 第13日

  • LINEで送る

 淡々と、しかし全力で122球を投げ込んだ。「うちは常に次の投手が準備している。最初から思い切りいった」と深田慶太郎。終わってみれば4安打2失点でマウンドを譲らず、習志野に2年ぶりの甲子園挑戦権 ・・・

【残り 499文字、写真 1 枚】