千葉ットマンがマラソン先導!? 来年3月、ランナーを笑顔に

来年3月1日、富津岬で千葉ットマンに会おう!
来年3月1日、富津岬で千葉ットマンに会おう!
振り向く千葉ットマン
振り向く千葉ットマン

 成功裏に終わった「ちばアクアラインマラソン2014」と入れ替わりで、千葉県内では来年3月に富津市で開催される「県民マラソン大会」参加者の募集が始まっている。37回目を数えるこの伝統のマラソン大会で、ハーフの先導を、今年話題の「千葉ットマン」が務める計画が22日、明らかになった。

 3輪バイクで千葉の公道を走る一般男性、通称「千葉ットマン」。バットマンが劇中で操る「バットポット」を忠実に再現した“千葉ットポット”に極端な前傾姿勢でまたがり、颯爽と街を駆け抜ける姿が県内各所で目撃されている。

 大会のポスターをよく見ると、「千葉ットマンがハーフマラソンを先導!!(調整中)」と小さく書かれ、凜々しい立ち姿の写真が添えられている。神出鬼没のヒーローだが、来年3月1日は富津岬に召喚されることが決まっているようだ。

 ただし、気になるのは「調整中」の3文字。大会事務局に問い合わせると、「本人からは確約をもらっているが、まだ関係各所の調整がある」とのこと。実現すれば、千葉ットマンに先導されながら、富津岬の心地よい潮風を受けて走るシュールで楽しい一時となりそうだ。

 前回からハーフと10キロが日本陸上競技連盟公認コースとなり、幅広い層の期待に応えられるようになった県民マラソン大会。「皆に笑顔を」の理念で活動する千葉ットマンが、来年3月には千葉のランナーたちを笑顔にしてくれる。


  • LINEで送る