2安打3打点3番打者の面目躍如 東海大望洋・中古 第96回全国高校野球選手権千葉大会 最終日

  • LINEで送る

2回表東海大望洋1死三塁、中古が5点目のスクイズを決める
2回表東海大望洋1死三塁、中古が5点目のスクイズを決める

 スクイズに長打、ダメ押し適時打。2安打3打点と存在感を見せた東海大望洋の中古珠輝也は「チャンスでしっかり打てて良かった」。中軸の面目躍如の活躍にも、顔色一つ変えずに言った。

 二回、4-0として迎えた1死三塁できっちり転がしてスクイズ成功。点差を縮められた後の六回は左翼手の頭上を越える適時二塁打を放ち、八回にも引っ張って右前適時打。好機での勝負強さが際立った。

 チームメートいわく「不思議なやつ」。人見知りで寡黙な一方、突拍子もないことを言い、仲間を笑わせるという。そんな3番打者に、前を打つ2番の山口洲は「後ろに中古がいるから、気楽に打席に立てる」。バットを持つと人が変わる背番号9の信頼感は抜群だ。

 欠かせない験担ぎがある。試合日は必ず会場に向かう途中でコンビニに寄り、鶏の空揚げを食べるという。決勝のこの日も「おいしく食べてきました」。最後はウイニングボールの“フライ”をがっちりつかみ、歓喜の輪に加わった。

 (鈴木陽次)