チームの勝利が第一 専大松戸・原 第96回全国高校野球選手権千葉大会 第12日

  • LINEで送る

 エースナンバー「1」を背負った原嵩はこの日も右翼手で先発。一回に右前に落ちる適時打を放った。狙った直球を打ち「チャンスだったので単打でもいいから打とうと思った。初回から点数が取れて良かった」と振り返った。

 八街との3回戦以来、登板がないが「チームが勝つことが目的。自分はどこのポジションで出ても、活躍できればいい」と謙虚に語った。ただ、投げる準備は常にしている。この日も、五回から登板の準備をしていたという。

 決勝では「投げたい」気持ちはある。それでも、東海大望洋の2枚看板を見据え「しっかり引きつけて打ちたい」と打撃で貢献することを忘れなかった。