大声援、最後まで 東海大浦安スタンド 第96回全国高校野球選手権千葉大会 第12日

  • LINEで送る

 試合には敗れたが、東海大浦安スタンドは熱い応援で最後までチームの背中を支えた。

 チアリーダーを率いた3年、根岸彩乃さんは「兄弟校だからこそ負けたくない。仲良くするのは試合が終わってから」と男子に負けない大声でのどをからす。今春、望洋から赴任してきた吾妻俊治校長は「どちらもいいチームだが、もちろん今は浦安に勝ってほしい」と複雑な胸中をのぞかせた。

 武運つたなく五回コールド。大応援団を束ねた3年、木川陽介君がエールを送ってくる望洋スタンドに目をこらす。「自分たちに勝ったんだから甲子園に行って、全国制覇してくれ」。