主将の同点打実らず 東海大浦安・佐久間 第96回全国高校野球選手権千葉大会 第12日

  • LINEで送る

 三回、東海大浦安が1点を返し、2死三塁で迎えた打席。佐久間祐貴は「とにかく同点にしたいという気持ちだった」と振り返る。捉えたスライダーは右横へ。願い通り、同点となった。

 しかし四回。浦安は悪送球から出塁を許し、4失点。「1球のミスで点を取られた。どんな状況になっても諦めず戦おうと思っていたが…」。悔しさをにじませ、唇をかんだ。