決勝は専松VS望洋 初の頂点かけ10時試合開始 第96回全国高校野球選手権千葉大会

  • LINEで送る

東海大浦安-東海大望洋 5回表東海大望洋2死満塁、中古が左へ2点適時打を放つ
東海大浦安-東海大望洋 5回表東海大望洋2死満塁、中古が左へ2点適時打を放つ
柏日体-専大松戸 9回2失点完投した専大松戸・金子
柏日体-専大松戸 9回2失点完投した専大松戸・金子

 第96回全国高校野球選手権千葉大会の準決勝2試合が25日、千葉市美浜区のQVCマリンフィールドで行われ、東海大望洋が東海大浦安を12-2で下した。専大松戸は柏日体を5-2で破った。決勝は26日午前10時から同球場で行われる。東海大望洋、専大松戸がともに初の頂点を目指す。

 東海大望洋は同点で迎えた四回に4点を勝ち越し、五回に一挙6点を挙げ試合を決めた。

 専大松戸は一回に高田拓実の適時二塁打などで3点を先行。二回に2点を加え逃げ切った。