連投疲れ見せず好投 東海望洋・原田 第96回全国高校野球選手権千葉大会 第11日

 連投を感じさせない投球だった。先発し、5回無失点の好投。東海大望洋の原田泰成は「打者一人一人を抑えることに集中した」と話した。

 前日の試合で100球以上投げ、九回2死まで1人の走者も許さない快投。あと一歩のところで完全試合を逃したが、「そのことはもう忘れました」と涼しい顔。連投の疲れも見せなかった。

 五回に右翼線へ適時二塁打を放ち、バットでも勝利に貢献した。

 「先輩たちのためにも絶対に負けないピッチングをする」と次戦を見据えた。


  • LINEで送る