浦安以外から観客増 Fリーグ浦安 観戦者調査

  • 0
  • LINEで送る

 フットサルのFリーグはバルドラール浦安の2013年の観戦者の調査結果を発表した。

 千葉県内からの観客はクラブの活動地域である浦安の観戦者の割合が35・4%から30・7%に減少。一方で、八千代、習志野、鎌ケ谷、柏などの周辺都市からの割合が合計で4・7%増え、地元だけではなく東葛地域を中心に周辺地域からの増加傾向が見られた。

 平均観戦者数は前年比で1300人弱で横ばい。平均年齢は35・1歳、男女比率は女性が39・3%から43・1%に増えた。同伴者数は3・6人。同伴者は友人知人が35・8%から41・5%に増加。家族は47・0%から39・6%に減少した。

 今後期待するイベントに関しては「フットサル教室」が40・9%で一番多く、次いで「巡回授業」が20・3%とプロ選手からの指導を期待する声が多かった。

 「非常に当てはまる」から「全く当てはまらない」の5段階評価で行った観戦動機では、上位から「観戦が好きだから」「クラブを応援したいから」「選手を応援したいから」などが続き、一部のサポーターに支えられている現状を浮き彫りにした。