房総通リズム春の観光特集2024

敗戦経験で意識変化 反骨心芽生えて再起 【奪冠 中央学院 センバツへの軌跡】(上)

専大松戸との決勝で生還した中村(5)を迎える中央学院の選手たち=昨年10月、県総合SC野球場
専大松戸との決勝で生還した中村(5)を迎える中央学院の選手たち=昨年10月、県総合SC野球場

 第96回選抜高校野球大会に出場する中央学院だが、秋の関東制覇を掲げた新チームの船出は不安定だった。主将に決まった中村研心、颯佐心汰ら複数の主力が残り戦力は十分ながら、練習試合で思うように白星が伸びない。チームとして一体感がなく「関東にもいけるレベルではない。これで大丈夫かと感じていた」と中村は振り返る。

 予感は的中する。県大会地区予選の代表決定戦で四街道に1-4で番狂わせを許した。3失点の五回は失策を連発。自滅だった。

 グラウンドに戻り開いた緊急ミーティング ・・・

【残り 494文字】



  • LINEで送る