「パルスオキシメーター」5000台追加 自宅療養者の支援強化へ 千葉県

知事就任後初の定例記者会見で、新型コロナの感染再拡大に備えパルスオキシメーターを計1万台とすると明言した熊谷知事=8日午前10時35分ごろ、県庁
知事就任後初の定例記者会見で、新型コロナの感染再拡大に備えパルスオキシメーターを計1万台とすると明言した熊谷知事=8日午前10時35分ごろ、県庁

 新型コロナウイルスに感染し自宅で療養する軽症者らへの支援強化へ、熊谷俊人千葉県知事は8日の定例記者会見で、低酸素症を早期に判断できる測定器「パルスオキシメーター」について、「県では現在5千台を保有している。次の感染拡大に備えてさらに5千台を確保する」と述べ、1万台体制に拡充する方針を示した。今月中の整備を目指す。

 同測定器により、新型コロナ患者が自宅療養中に重症化するリスクの軽減を図る。県は昨年12月から測定器の貸し出しを開始した。保健所長の判断で高齢者や基礎疾患のある感染者に貸与している。


  • LINEで送る